メニュー 閉じる
Get Ready for a Playful Summer

Get Ready for a Playful Summer

アルベルト・クリームラーがおくるアクリスの2019年春夏コレクションのテーマは、”人生に喜びを!"

 

「彼女の瞳の輝きがとても好き」。これは、アルベルト・クリームラーがルーマニアのブカレストに住むジェタ・ブラテスクを初めて訪ねた時にもらした感想です。すでに91才になっていた彼女ですが、直前には世界で最も有名なアートイベントの一つであるベニスのビエンナーレに加え、ドイツのドクメンタ14でも絶賛されていました。ショー会場の「Le Préau」でコレクションのショーが始まったちょうどその時、雲の間から眩しい陽光が差し、会場の隅々を照らしました。ジェタはショーの数日前に亡くなったため、このコレクションは、彼女が手掛けた最後のプロジェクトの一つであるとともに、アルベルト・クリームラーの彼女に対するオマージュにもなりました。



アクリスの友人たち

アルベルト・クリームラーがパリで発表したアクリスの2019年春夏コレクションのファッションショーには、アクリスの友人であるモナコ公国のシャルレーヌ妃にもご出席いただきました。このとき妃がお召しになったのは、アクリスの黒いレースのタートルネックのトップスとフレアスカートです。その他のゲスト:日本の建築家である藤本壮介氏とカナダの芸術家ロドニー・グラハム氏 (アクリスの過去のコレクションで、両氏の作品とコラボレーションしました)、ブカレストの画商マリアン・イヴァン氏、ハウザー&ワース 画廊(チューリッヒ)のウルスラ・ハウザー氏。

「私がジェタ・ブラテスクの中に見たものは、光、命そしてユーモアにあふれる女性でした。」アルベルト・クリームラー 

魅力というパワー

ジェタ・ブラテスクの傑作「Magnets」からインスパイアされた、磁石のオブジェの間を通り、ステージの上を歩くモデルたち。これら磁石のオブジェは、「人と人との磁力(惹きつける力)」を象徴しています。このコレクションでは、斬新なプリーツのディテールや、さまざまなアシンメトリーなヘムライン、新しいシェイプのスカート、夏に欠かせないショートパンツなどが発表されました。アートをウェアに取り入れるアルベルト・クリームラーの芸術的才能がより高いレベルに達していることは、コレクションで発表されたフォトプリントにも表れています。今シーズンは、新作アイテムとして「アヌーク スモールデイ」や唇や瞳のチャーム、そしてiPhone ケースが加わりました。

関連ニュース

View all Stories
Shimmering Pastels

Shimmering Pastels

“Colors are everything to me. In this collection, they are inspired by Italian artist Antonio Calderara. His opalizing, luminous and...

Read more
Behind the Scenes

Behind the Scenes

Take a closer look behind the scenes at #AkrisSS20 and explore backstage minutes before the models walked the runway.  ...

Read more
Streetstyle

Streetstyle

Make an entrance. Get inspired by the best looks worn by friends of Akris as they entered the Grand Palais to attend...

Read more
By entering this site, I acknowledge that my data will be processed in compliance with the General Terms and Conditions of Use and the Privacy Policy of Akris. I accept the use of cookies and tracking of my browsing experience.